米国へ旅立つ前に。スマホまるごとレンタルで電話も通信も楽々

実はアメリカでスマートフォンが必要になった際、本体を購入するのは外国人にはかなり壁が高いことです。今回はそんなアメリカのスマートフォン事情を踏まえて、より便利なスマホレンタルを見ていきましょう。

外国人のスマホ契約が難しいアメリカ

実はアメリカでスマホを契約しようとすると、アメリカ・ハワイでのクレジットカードや銀行の取引実績であるクレジットヒストリーや、社会保障番号が必要です

特に社会保障番号は、外国人が取得するのは非常に困難だといわれています。プリペイド携帯は買えるのですが、通話や通信により携帯を変えるのは面倒だと感じるかもしれません。

レンタルスマホがあれば、一台で済む上に日本から携帯を持って行って使うより、かなりお得です。

注意すること

海外レンタル携帯には、日本とは少し違うプランや制度が設けられている場合があるので注意しましょう。

着信料金とは

日本では聞き慣れませんが、海外レンタル携帯では着信するときにも料金がかかる場合があります。その場合、着信しても長く通話するとそれだけ料金がかかってしまうので注意しましょう。

安心補償料とは

キャリアごとに呼び方が違うようですが、盗難や紛失に備えた補償制度を設けているところもあります。

もし制度に入っておらず盗難などにあった場合、ペナルティー料金がかかることが多いです。不安な方はプランをよく確認しましょう。加入は必須のもの、任意のものと様々です。

スマホレンタル会社比較

アメリカ向けにはいくつかスマホレンタル会社がありますが、それぞれ貸し出し機種が異なります。iPhoneやandroidで、どちらを使いたいのか既に決まっている場合は、よく確認するようにしましょう。

エクスモバイル

短期で使いやすそうな印象のエクスモバイル。レンタル機種はandroidですので、日本でandroidを使っている人には馴染みがあるかもしれません。アメリカのみのプランではないため、アメリカからさらに海外に行く際にも便利です。

  • レンタル料:¥1100/1日
  • レンタル機種:HUAWEI P9
  • 最低利用期間:なし
  • 安心補償料:レンタル料の15%
  • 取扱手数料:なし
  • 受付締め切り:4営業日前16時から、地域により異なる(下記URLで確認可能: https://www.wifi-park.com/pc/navigate.php
  • 受け取り:宅配、空港(成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港、新千歳空港)受け取り
通話料(1分) ¥15
日本への国際電話(1分毎) ¥25
通信容量 300 MB/1日

1日の通信容量300 MBとは想像つきにくいかもしれませんが、具体的には下記のように使用できます。

  • WEB閲覧…………………………..1200ページ
  • メール(1MB画像添付)………………300通
  • マップ地図………………………..80回
  • LINE通話………………………….80分
  • Youtube…………………………..5分

Wi-Fiも合わせて使えることを考えれば、超えることはなかなか無いのではないでしょうか。

GAC(Global Advanced Communications)

アメリカ本土及びハワイ専用のiPhoneおよびandroidスマホがレンタル可能です。

下記でカバーしている地域を確認できます。(https://www.t-mobile.com/coverage/coverage-map?icid=WMM_TMNG_Q317NETWOR_U93HOR6MPAX9955)どちらも日本語で使用可能で、英語で携帯操作するのが不安な方でも安心です。

またiPhoneには3か月からの長期プラン(一ヶ月 15,000 円)もあり、駐在や留学の際も便利です。

  • レンタル料:¥5,500/ 4日間(500円分の通話料込み、追加700円/ 日)
  • レンタル機種:iPhone 5C、Android LG Optimus S
  • 最低利用期間:4日間
  • 盗難損害補償料:なし
  • 取扱手数料:なし
  • 受付締め切り:出発日の前々日まで
  • 受け取り:自宅、ホテル、会社に発送または空港(成田 、羽田、関西、中部、新千歳、福岡空港)で受取り
  • 安心補償料:なし
国内通話(1分) 無料
着信料金(1分) 無料
日本への国際電話(1分毎) 固定電話¥7、携帯電話¥32
通信容量 パケット無制限

モベル

アメリカ、ハワイ向けにiPhoneを貸し出しています。アメリカ国内通話、メール、データ通信が使い放題です。支払いは、レンタル料金と国際電話だけのデータ定額制です。

  • レンタル料:1,998円/日(税込)
  • レンタル機種:iPhone 6
  • 最低利用期間:3日間
  • 盗難損害補償料:648円/日(任意)
  • 取扱手数料:なし
  • 受付締め切り:営業日の16時までに申込みで、翌日に宅配(一部地域を除く)
  • 受取り:クロネコヤマトの宅急便での日本国内配送(無料)
  • 通信料
国内通話(1分) 無料
着信料金(1分) 無料
日本への国際電話(1分) 90円
SMS(ショートメール送受信) 無料(データ定額に含まれる)

トラベルコム

日本語表示のandroidスマホがレンタルできます。短期、中期、長期からプランが選べ、アメリカではデータ定額が適用されるので安心です。

  • レンタル料:短期100円/1日、中期1,500円/1ヶ月、長期1,800円/1ヶ月
  • 機種:Sony Xperia、Nexus 5X
  • 盗難損害補償料:短期100円/1日、中期1,500円/1ヶ月、長期(任意)900円/1ヶ月
  • 取扱手数料:1000円
  • 受取り:宅配無料
  • 受付締め切り:出発日の 5日前(土日祝除く)まで
  • 通信料(短期)
国内通話(1分) 65円
着信料金(1分) 65円
日本への国際電話(1分) 95円
SMS(ショートメール送受信) 送信 60円/通

まとめ

アメリカは他地域に比べ、iPhoneやandroidのレンタル、そして中期・長期向けプランも豊富ですので駐在や留学にも検討されてはいかがでしょうか。

パケット使い放題プランでは現地でWi-Fiのある場所を探さなくてもいいですし、日本語スマホが使えれば英語に不安があったりアメリカが初めてであったりしても心強いですね。

アメリカ国内だけでなく、日本への通話も格安で出来ることから、様々な場面で役立つことは間違いないでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です